佐波雑記帳

会社員の落書帳

SideM 3rdライブ静岡2日目 感想

3rdライブツアー最終日。今日もライビュで見てきました!

地元のチケットが取れなかったので、電車で2時間半かけて他県に行ってきました。

行くかどうか迷っていましたが、行って本当に良かった…

とりあえずなんかもういろいろぶち込みすぎだろwっていう素晴らしい公演でした。

順追って感想を。

 

 

1曲目 Reason!!(全員)

ツアーで聞くことができるのがラストになるのかと思うと

開幕早々寂しくなりました。

まぁでも次の4thツアーもいつかやってくれるはずなので、

そのときまでまた楽しみに待ってたいです。

 

 

2曲目 HIGH JUMP NO LIMITHighJoker

盛り上げ役の切り込み隊長と言っても過言でないHighJoker

ユニット曲のトップバッターにはふさわしいパフォーマンス!

みんなで一緒に「Are You Ready?」をコールするのがめちゃくちゃ楽しい!

 

 

3曲目 Study Equal Magic!S.E.M

いきなりS=M?さすが最終公演気合い入れてんな~と思いながら

コールしたりたけのこダンスしたり楽しみました。

チャイムなった瞬間のどよめきが面白かったです。

みんなこんな初っ端からS=Mが来るとは思ってなかったんだと思います。

 

 

4曲目 MOON NIGHTのせいにして(DRAMATIC STARS

え、どういうこと?ここでムンナイ使って後半息切れしないの?

本当に初っ端からぶち込みすぎwと思いながら聞いていました。

画面に月が表れたときに「嘘!ここで!?」みたいなこと言ってた人がいましたが

多分みんな同じことを思ってましたw

いやーそしてやっぱりこの曲の盛り上がりはすごい!

昨日も「おいで」されてるはずなのに、何度「おいで」されても歓声あげちゃう…

この時点ではまだ知る由もないですが、盛り上がる曲使っちゃって

後半大丈夫かなという心配は杞憂でした…

 

 

5曲目 Legacy of SpritLegenders

ここでちょっと一息つけるか?と思ったのですが、

3人のパフォーマンスが熱くてそれに引きずられてこちらも熱くなりました。

前の3曲に比べたら比較的穏やかな曲なのに…

気合の入り方が今日は違いますね~。

 

 

6曲目 Tone’s DestinyAltessimo

今までの流れを切らないようにAltessimoの曲の中でも明るい曲で攻めてきました。

今日はAltessimoがいてくれて本当に良かった…

爽やかさと神聖さで気持ちを落ち着かせてくれました。

それでも熱量は保ったままだったのはなんか不思議な気分でした。

 

 

7曲目 Swing Your LeavesFRAME

前半でP達の息の根を止めるつもりかのような選曲ラッシュ!

昨日は雨に濡れないように上着で傘を作ってくれた信玄さんが

今日は転んだ自分をお姫様抱っことかもういろいろと追いつきません…

今日のセットリストと演出を考えた人に貢ぎたいですね。

 

 

MC(1回目)

ここでMCが入りましたが、興奮しすぎてあんまり覚えていませんw

ドラスタがムンナイのためにキスの練習をしたと言ってたのは覚えてますw

 

 

8曲目 Undiscover WORLD(古論クリス)

ここからはソロ曲も交えた公演の開始です!

後のMCで言っていたのですが、演出は最後の最後まで練り上げていて、

実際に駒田さんはこの公演で初めてPVの完成型を見たらしいです。

やっぱり気合の入れ方が今日は違いますね!

そして相変わらず駒田さん歌がうまい!

クリス自体はVo値低いのでその辺はちょっとキャラと中の人でギャップありますね。

 

 

9曲目 Symphonic BraveLegenders

元々高い完成度で披露した歌でしたが、3rdツアーを通して

回数を重ねるごとにより完璧な歌になっていったように思いました。

「先へと踏み出したいのなら背中押すようにWe Sing!」のとおり、

Legendersが歌って背中を押してくれるから

一歩踏み出せる自分がいるような気がして

この歌を聞くたびに本当に勇気をもらっています。

 

 

10曲目 Never EndOpus」(Altessimo

いつ聞いても固唾をのんで立ち尽くすしかないです…

この二人の世界観に引きずり込まれてもはや何も言えなくなります。

どの回でもこの曲のときはPの方々はペンライトを振れず見入っています。

 

 

11曲目 Sanctuary World(都築圭)

さすが都築さんと思わせる圧倒的歌唱力でした。

のちにヨシキが「CDの音源流れてるのかと思った」と言っていましたが、

その気持すごいよく分かりますw

Sanctuaryの単語どおり、音楽の聖域に足を踏み入れたかのような

世界に包まれた時間でした。

 

 

12曲目 GOLDNo.79~(山下次郎)

高級そうな椅子に鎮座して登場し、座ったまま一番を歌い切り、

その後にはバックダンサーとして笠間さんと汐谷さんが表れ、

2ndでもやったあのクソエロい腰つきのダンスをしながら二番を歌うという

18禁指定がなくてもいいの?と思わせるエロさで駆け抜けたソロ曲でした。

曲自体は割とおとなしい感じなのに、歓声が本当にすごかったです。

 

 

13曲目 サ・ヨ・ナ・ラSummer HolidayS.E.M

踊りがセクシーなのを2曲続けて流してきましたw

切ない曲なんですけど、ダンスのせいか微妙にアダルトな曲になってますよね。

静かな曲でも盛り上げさせられるS.E.Mってずるいなっていつも思いますw

 

 

14曲目 夜空を煌めく星のように(DRAMATIC STARS HighJoker

2nd振りに聞くことになるんでしょうか。

めちゃくちゃみんな楽しそうに歌っていて聞いていて気持ちよかったです。

久々に聞いた気がしますが、やっぱり好きだなって改めて思いました。

 

 

MC(2回目)

やっぱりここもあんまり覚えてなくて、

ヨシキが「都築さんの後はすごいやりづらかった。

だって世界観とかあるでしょ!」と言っていたのは覚えてますw

 

 

15曲目 永遠なる四銃士(天道輝、握野英雄、紅井朱雀、葛之葉雨彦)

現地からとんでもない悲鳴がスクリーン越しに聞こえてきてたのですが、

ライビュ会場では誰が登場してるかわからず、え?何?みたいな状態になってて、

曲が流れた瞬間鼓膜が破れるのではないかと思うほどの悲鳴があがりました。

4人いるので、誰かが益山さんの代役しているのかと思いきや、

まさかのシークレットゲストとして本人登場で、

またもやすごい悲鳴が上がりました。

今日は4人中3人いるから益山さん抜きで四銃士やるかもな~と思ってましたが、

まさかシークレットゲストという形で益山さんも入れて歌うとは思っておらず、

めちゃくちゃビビりましたし、いい意味で予想が外れて嬉しかったです。

初めてフルで聞きましたがカッコいい!

輝→情熱、英雄→優しさ、朱雀→熱血、雨彦→クールという

系統の違うそれぞれの銃士のバランスがよかったです。

しかも全員守ってくれそうな力強さがあるのも良い!

 

 

 

16曲目 トレジャー・パーティー(蒼井悠介、若里春名、木村龍

四銃士が流れた時点でこれも来る!と思いましたが、悠介の声が聞こえて

きくてぃもシークレットゲストとして登場するのがわかった瞬間、

本当に現実になるんだと改めて鳥肌が立ちました。

3人はトロッコで登場です。

この曲、元気いっぱいな三人が歌っててすごい可愛い!

メンバーのチョイスが本当に良いですよね。

ここで春名を持ってくるそのセンスが良いと思います。

例えば春名じゃなくて隼人とか大吾とか翔太とかでもいけると思うんですよ。

でもこの曲の可愛さは春名で表現してほしい!

龍と悠介とあともう一人組み合わせるなら春名であってほしい。

この曲を聞いたときになぜかそう強く思いました。

そういえばトロッコから降りた後のダンスは元々予定していなかったものらしいです。

いろいろサプライズしてもらえて本当に嬉しいです。

 

 

MC(三回目)

益山さんもきくてぃも最初のReason!!を楽屋で全力で歌ってたらしいw

汗だくになってメイクさんに怒られないかヒヤヒヤしたとのこと。

あとメンバーの中ではトレジャー・パーティーのダンスが流行している。

 

 

17曲目 サイコーCOUNT UP(伊瀬谷四季)

2ndでは1番だけでしたが、今回はフルで歌いました!

やっぱりのがみんは盛り上げるの上手ですね~。

めっちゃくちゃ盛り上がりました。

バックダンサーはえのきや、まっさん、益山さんの3人。

ここでも益山さんが出てくれて嬉しかったです。

歌い終わった後の「みんなも最高!」というのがみんの掛け声が嬉しい。

 

 

18曲目 SunsetColorsHighJoker

仙台公演初日に続き、またもみんな楽器を持って、

バンドとしてのHighJokerで登場しました!

流石に同じ演出は2回は無理だろうと思っていたので、

再び生演奏を見ることができて本当に最高でした!

ちゃんとメンバー紹介もあり、アニメの再現もしていました。

今回の公演の全力っぷりが本当にすごい。

 

最初に旬のキーボードの紐?がはずれるハプニングがありましたが、

その間に夏来が「旬?大丈夫?」とか、

隼人が「四季のソロ最高だったよ」とか掛け合いをしてくれて

Pとしては嬉しいハプニングでもありました。

あと演奏中にちばしょーがカメラに向かってウインクしてくれましたが、

ちょっと不器用な感じが隼人っぽくて可愛くて、

ますますちばしょーのことも隼人のことも好きになってしまいましたw

 

 

19曲目 勇敢なるキミへ(FRAME

FRAMEの3人はこの二日間の公演本当に気合が入っていました。

歌も踊りもキレが良くて、FRAMEらしい力強さがありました。

特にまっさんのテンションが高くて、「どうにかなっちゃいました」と

最後の挨拶で言っていましたが、本当にいい意味でどうにかなっていましたw

呼んでくれよ「FRAME」部分は、3人に負けないように

Pの方々は大きな声を出していました。

 

 

20曲目 約束はドリーミングフライト(柏木翼)

ここからドラスタタイムです!

正直全員ソロを披露するとは思っていなかったので、

ドラスタ3人のソロを聞くことができて最高でした!

拓ちゃんは以前ラジオで、この歌の2番以降を歌おうとすると

泣いて歌えなくなると言っていたので、歌いきれるか心配でしたが、

最後まで満面の笑みで歌い切りました。まさに翼でした。

でも途中ちょっと声が震えていたところがありましたね。

笑顔を崩さないようにしたのは、泣くのをこらえるためだったのかもしれません。

 

 

21曲目 Because(桜庭薫)

クールなのに情熱的でこの歌やっぱりカッコいいです。

個人的に「研ぎ澄ませ 進むこと決意したあの日から

変わらぬ意志で 振り向かないで 目指していけるのは 君と会えたから」

の部分がすごい好きで、聞くたびに泣きそうになります。

今回の公演では、「Because I believe 誰も皆 微笑み合っている

胸の奥 そっと灯をともせるように」の部分をアカペラで披露しました。

その瞬間は静寂で歌いきった後は大きな歓声で

まさに静寂と歓声が手を取り合っていた空間でした。

 

 

22曲目 THE FIRST STAR(天道輝)

ソロのラストを飾るのはセンターのしゅごん!

オリピの中で1,2位を争うほど好きな曲なので

フルで聞くことができて本当に嬉しいです。

輝らしい前向きさと明るさと真っ直ぐさがしゅごんとかぶって、

あ、本当に天道輝が歌ってると思わせてくれるパフォーマンスでした。

最後はライブバージョンということで「今日も 明日も 良い日だ」

と歌詞を変更し、薫と翼も出てきて3人で踊って締めました。

 

 

23曲目 ARRIVE TO STARDRAMATIC STARS

ユニット曲のラストはドラスタが飾りました!

最初の方はステージの端から端まで歩いて、観客席に手を振ったり、

ライビュ用のカメラに手を振ったりしていましたが、

途中からはダンスに切り替わるというパフォーマンスをしてくれました!

ドラスタPのせいかやっぱりこの歌の「We are DRAMATIC STARS!!」

を聞くとドラスタのつながりと絆を感じられて泣きそうになります。

この曲で締めてもらって本当にありがとうございます!

 

 

24曲目 Beyond The Dream(全員)

アンコール前は終了…ということで本当に寂しいです。

 

 

告知

何個か告知がありましたが、本の発売系の告知でした。

特に今の所動きがないのか、5月のFIVE-STAR PARTYに発表するのか

どちらかなんでしょうね。

 

 

25曲目 GLORIOUS LO@D(全員)

最終公演でこの曲を聞くと切なさが半端ないです。

この楽しい時間が終わってしまうという現実が迫ってきました。

 

 

最後の挨拶

みんなうれしずおか、たのしずかお、よろしずおか言い過ぎw

リハのときに言い出したえのきやはどんな気持ちだったんでしょうかw

ネタを作ってくれたり、ボケ方が上手いえのきやのトークホント好き。

 

 

26曲目 DRIVE A LIVE(全員)

本当にラストになってしまいました。

悲しい気持ちもあるんですけど、出演者の方がSideMはこれから先も続いていくし、

終わりは新しいことの始まりでもあると言ってくださったので、

しんみりとせず、楽しい気持ちで終わることができました。

 

 

 

総括

全公演ライビュで参加しましたが、どの公演も最高以外の言葉が思い浮かびません。

本当に楽しくて幸せな時間を過ごせました。

キャストの皆様本当にお疲れ様でした!

次はぜひとも現地に行きたいので、大きめの箱でよろしくお願いしますw