佐波雑記帳

会社員の落書帳

お金の使い方

同じ部署の人からの話を聞いたり、同期に会ったりするとGWは旅行に行ってた~という人が多いです。

沖縄、北海道、福井、千葉などみんな家族や友達と色んな所に行っていたみたいです。

かくいう私は、服を買ったり、散髪に外に出ることはありましたが、連休は人が多いから出かけたくないというのと、旅行がそもそも好きではないのと、外出すればお金がかかるという理由で基本は家にいました。

意外とみんな、毎年少なくとも1回くらいは旅行に行っているみたいなのですが、1回行くだけでも5万~10万くらいお金がかかるのに、躊躇なく旅行に行けるのがすごいなぁと思います。

自分は大きい買い物をするときは何週間も考え込むので、旅行に行くと決めてお金をサッと払えるのがすごいです。

 

そうは言うものの、自分にも大きいお金を支出するときや値段が高くても迷わずにお金を払う時があります。それは

面倒くさいことや嫌なことを回避するためにお金を払うとき

です。

例えば、数年前に1年限定で、会社の別の支社に行ってほしいと言われたことがあり、片道2時間の通勤をしていました。

そのとき、会社側は激混みの路線だけど一番交通費が安くなるAルートの交通費を支給すると言ってきました。

しかし、自分はAルートはどうしても使いたくなかったので(人混みが大嫌いなので)、あまり混んでいない路線だけど一番交通費が高くなるBルートを選択し、差額の交通費は自分で負担していました。年にすると4万5千円くらい自腹で負担していたと思います。

4万5千円ってかなりの額なのですが、私は別に何も思いませんでした。

なぜなら年に4万5千円払っただけで、快適な通勤環境が提供されるなら安いものだと思ったからです。

同期に話をしたら、あり得ないとかもったいないとか言われましたが、そもそもお金に関する考え方が違うのだと思います。

私にとってお金とは、生活費を除けば、先述の通り「嫌な問題や面倒くさいこと」を回避するためのものなのです。

そのためにお金を支出することで一番高い満足が得られるので、何の不満もありません。

その一方楽しいことや嬉しいことにお金を使うことはハードルが高くなります。満足の程度が低いし、必ずしも期待しただけの満足が得られるとは限らないからです。

この考え方の違いがあるから、他の人は旅行(楽しいこと)にはお金を出せるけど、自分はお金を出せないのかなぁと思いました。

もちろん楽しいことにもお金は使いますけどね。ただ、使用する額としては一般の人より少ないのではないでしょうか。

お金の使い方にもネガティブ思考が反映されてるなと改めて思いましたw

 

ちなみにですが、誤解を生じさせたらいけないので補足しますと、会社が提示したAルートは、この辺に住んでいる人なら95%くらいはそのルートで通うというほどの当たり前の路線なので、別に会社が悪いわけではないです。

Bルートでの交通費は出ないか交渉しましたが、あっさり無理と言われましたwまぁかなり特殊な路線選択だったので当たり前ですが。

 

以上お金の使い方についてでした!