佐波雑記帳

会社員の落書帳

SideMの曲感想 DRAMATIC STARS編

SideMおすすめ10曲で曲の紹介をしましたが、

やっぱり全曲感想を言いたくなったので、全ユニットの感想を書くことにしました。

まずはDRAMATIC STARSから。

 

STARLIGHT CELEBRATE!

こちらはSideMおすすめ10曲でも紹介しましたが、

DRAMATIC STARSらしい爽やかな王道をいく曲になっています。

出だしはちょっとジャズっぽいかな?

 

歌い方に初々しさがあり、駆け出しのアイドル感がでているところがいいですね。

 

また歌詞の中にはそれぞれの前職を連想させるフレーズがあり

ニヤリとしてしまう一面もあります。

 

フィジカル(輝)、インテリ(薫)、メンタル(翼)で構成されている

ユニットであり、声もそのイメージ通りとなっているため、

熱く歌い先導している輝、クールなかっこよさで引き締めている薫、

ふんわりとした優しい声で包み込んでくれる翼の3人の微妙なバランスが

曲の王道感を更に高めてくれています。

 

SideMのなかでは、DRAMATIC STARSが新ユニットとしてのトップバッター

であったことから(JupiterはST@RTING LINE以前に曲を出しているので除外)、

先陣を切るのにふさわしいアイドル曲となっていると思います。

初々しさと爽やかさに聞き入ってしまう一曲です。

 

 

DRAMATIC NONFICTION

STARLIGHT CELEBRATE!と打って変わってクールな曲です。

輝や翼もそれぞれの個性を残しつつも、クールに歌い上げていて

こんな歌い方もできるのかとびっくりします。

 

薫の声とこの曲の曲調が一番合っているため、

薫が全体のまとめ役となり凛とした曲に仕上げているように感じます。

 

STARLIGHT CELEBRATE!が光ならば、

DRAMATIC NONFICTIONは影という印象です。

DRAMATIC STARSはこんな歌い方も表現もできるんだぜ!

という大人っぽさを演出した一曲となっています。

 

 

MOON NIGHTのせいにして

DRAMATIC STARSの歌の中では、ひょっとしたら一番人気かも知れないです。

最初に聞いたときの衝撃は忘れられない…

確かツイッターでもMOON NIGHTがトレンドに入るくらいだったので、

みんな衝撃を受けていたんだなぁとちょっと笑いました。

 

一言で言えばこの歌はアダルティな歌です。

大人の魅力全開で迫ってくる危険な歌ですw

 

DRAMATIC STARSの3人が年齢高めということもあり、

大人の色気で迫る曲を作りたかったのかなぁと。

上の2曲とは明らかに方向性が違います。

 

ライブの感想などを見ていても、「おいで」の部分で黄色い歓声と

野太い歓声が入り交じる不思議な光景だったというのがなんともSideMらしいです。

自分も生で「おいで」を見たら変な声を上げてしまいそうですw

 

個人的にですが、STARLIGHT CELEBRATE!と

DRAMATIC NONFICTIONがドラスタのストレートなら

MOON NIGHTのせいにしてにしてはドラスタの変化球だと思っています。

 

あくまで最初の2曲があるからこそMOON NIGHTのせいにしてが際立つのであり、

ドラスタといえばMOON NIGHTのせいにしてというのは

ちょっと違うかも?と思っていたりもします。

だからこそおすすめ10曲の中にあえてこの曲は入れませんでした。

めちゃくちゃ好きな曲ではあるんですけどね…

 

以上SideMの曲感想 DRAMATIC STARS編でした!