佐波雑記帳

会社員の落書帳

SideMの曲感想 Beit編

スマイル・エンゲージ

Beitというユニットが王子様系ユニットなのですが、

それを象徴するまさに王子様っぽいキラキラした一曲です。

この曲好きな人多いと思います。

 

最初聞いたときに「王子様が住む城が見える…!」と思ってましたが、

今聞いてもやっぱり城が見えますw

曲から伝わるイメージが鮮烈でとても印象に残りやすいです。

 

正統派イケメンである恭二がかっこよさを、

正統派美少年であるピエールが可愛さを、

正統派美青年であるみのりが穏やかさと美しさをそれぞれ持ち味として

色々なタイプの王子様感を演出してくれています。

系統が違うからこそお互いぶつからずバランスがいいですね。

 

SideMおすすめ10曲という記事でも書きましたが、

聞いているとお姫様になったような気持ちになります。

Beitの前では性別など関係ありません。

皆がお姫様になるのです。

すべてを諦めましょう。そして、ともにお姫様になりましょう。

 

 

想いはエターニティ

歌詞からBeitの三人の想いや決意が感じられる曲になっています。

おすすめの中に上げてはいないものの、個人的にかなり好きな歌です。

 

恭二は家族間(主に父と兄との間)の不和があって家を飛び出し

自分の力で生きていくことで鷹城家を見返そうとアイドルに。

 

ピエールは王位継承問題という争いに巻き込まれたことから、

争いのある世界でなくみんなが笑顔になれる世界を目指すためにアイドルに。

 

みのりは自分を育ててくれた大切な叔父がアイドルを好きなことさえ知らず

他界してしまったことから、その魅力を追求するためにアイドルに。

 

それぞれアイドルになった理由は違いますが、

Beitというアイドルになることでそれぞれの想いを実現しようとする

固い決意が感じられる重みのある歌となっています。

 

また、歌詞の中で

「もしもこの街ですれ違わなくても 僕らは出逢うだろう

 何度だって 明日を変えるために」

という部分があるのですが、この部分がお互いを必要不可欠だという

Beitの関係性を表しているかのようで好きです。

まさにBeitは家族(byうめめ)ですね!

 

 

Fun! Fun! Festa!

書いていて思いましたが、全体的に2nd ANNIVERSARYのユニット曲は

ちょっと変化球できてますね。この曲もそうです。

 

曲名からわかるようにお祭りわっしょい!って感じの曲です。

ノリの良いアップテンポな曲で三人ともすごい楽しそうです。

 

スマイル・エンゲージは手の届かない王子様的な感じがしますが、

この曲を聞くとはしゃいでいる三人にこんな側面もあるのかと

身近に感じ親近感が湧きます。

あとやっぱりこの三人仲いいよねっていうのが伝わってきます。

 

ただ、出だしの「浮かれろテンション」の部分はちょっと笑ってしまいます。

みのりさんはしゃぎすぎでしょw

 

ちなみにですが、ケータリングは何にしようか?に対する返答は

恭二→おにぎり、ピエール→コナモノ、みのり→バーベキューになります。

ソロコレクションで恭二とみのりの分が判明します。

 

以上SideMの曲感想 Beit編でした。