佐波雑記帳

会社員の落書帳

有給休暇

有給休暇の取得に対する考え方って人によってかなり違いますよね。

自分の周囲の人は基本的に「もっと有給とりなよ!」という感じで

寛容?というか推奨してくれる人が多いのですが、

必ずしもそういう人ばかりではないと思います。

 

 

私自身のスタンスとしては、

 

人が有給を取ることは構わないが、自分が有給を使うことはあまりしたくない

 

というものです。

別に仕事が好きなわけでも、会いたい誰かがいるわけでもありません。

 

もちろん役所や病院に行くときなど、休まなければならないときは

積極的に利用していますが、そうでなければほとんど取りません。

取得しないのは大まかには次のような理由によります。

 

 

 

理由1 休むと仕事がたまるから

私の仕事は案件担当制なので、私が休んでも他の誰かが

代わりに仕事をしてくれるということはありません。

電話で要件をメモしてくれたり、会社に来られたお客さんの対応などは

してくれますが、「担当が出勤したら連絡する」という形で終わります。

 

私も他の人の分については、ほぼ同じように対応しています。

内容について正確に把握できていないからです。

案件を読めばある程度わかるのですが、どうやって進めているか、

どういう方向に持っていこうとしているかは担当でないとわからないので

簡単にしか対応しません(ただし、緊急の案件を除く)。

 

そうすると休むことによって仕事がたまるだけなので、

用事がある場合はともかく、そうでなければ有給取得に何のメリットもありません。

結局、将来の自分に今の自分の仕事を押し付けているだけです。

それならばいっそコンスタントに毎日一定量の仕事を片付けたほうがマシです。

 

また、仕事がたまると精神的な負担にもなるので、

精神衛生的に毎日仕事をしていたほうがよいという面もあります。

休み明けに棚にわんさか書類が溜まっていたときは

それだけでもう帰りたくなりますしね。

 

 

 

理由2 仕事に行きたくなくなるから

何かのマンガのセリフにもありましたが、

「今日逃げたら明日もっと大きな勇気が必要になる」

という言葉どおり、

「今日休んだら明日出社するにはもっと大きな勇気が必要なる」

からです。

 

なんというか立ち止まったあと一歩踏み出すよりも

歩き続けている方が心理的に楽だよねという話です。

 

そもそも基本的に会社に行きたくないのですが、

毎日通勤しているとそれなりに耐性ができるものです。

それが休むことによってその耐性が失われてしまいます。

 

また、私は自堕落で怠惰な人間だと思っているので、

一度休んでしまうと歯止めが効かなくなりそうで怖いです。

楽な方へと流されてしまって最悪退職なんてことも有り得そうです。

 

考え過ぎだとは思うのですが、あり得なくもないというのが

自分のダメなところです。

 

 

 

理由3 休んでもやることがないから

悲しいことに休んだとしてもやることがないのです。

一応一人カラオケが趣味ではありますが、

気分が乗らなければあまり行こうという気が起こりません。

行ってもすぐ切り上げちゃったり。

 

そうすると家でゴロゴロしているだけなので、夕方くらいになると

「どうせ何もしないなら仕事に行っておけばよかった…」

と後悔してしまい、さらに有給を取る気がなくなります。

 

ただ、休めば体力が回復することは間違いないので、

週末は体が楽ではありますね。

それだけでも休む意味がないとはいえないかもしれません。

 

 

 

理由4 その他

その他には

・休んだら他の人に迷惑がかかる

・貸しは作りたいが借りは作りたくない

・自分のいないところで何か決められるのが嫌

・悪口を言われるかもしれない

などなど、休みたくない理由は他にもあります。

 

まぁ悪口なんか言われててもいいんですけど、

なんか言わせるスキを作ってしまったことが悔しいというかw

そもそも今の職場だと悪口言いそうな人はほぼいませんが…)

意外とヘタレですね。

 

 

とりあえずはこんな感じの理由で有給はあまり取りませんが、

本当はもっとオンとオフを切り替えて有給を取れる人間になりたいです。

仕事の早い人を見習わないと…

 

以上有給休暇でした!